演奏会概要曲 目

演奏会名:コンサート・シンポジウム 戦争の時代の芸術 戦争の記憶を語り継ぐ

日  時:2020年 12月 6日(日)14:00

会  場:東京藝術大学第6ホール

主  催:東京藝術大学演奏藝術センター・東京藝術大学音楽学部

助成:東京藝大「I LOVE YOU」プロジェクト

◆第1部 音楽に込めた想い~最近の大学史史料室の調査研究より
 進行:大石 泰(東京藝術大学名誉教授)
 報告:橋本 久美子(東京藝術大学大学史史料室非常勤講師)

トーク① 戸田盛忠〜新たに判明した東京音楽学校の戦没学生
戸田 盛忠(1920~1945):《ふるさとの》(三木 露風 詩)
 テノール:中嶋 克彦/ピアノ:松岡 あさひ

トーク②鈴木正三〜中国戦線から愛妻に送った音楽の便り
鈴木 正三(1915~1945):《春夏秋冬》(杉田 好夫 詩/川崎 優 編曲)
 ソプラノ:金持 亜実/ピアノ:松岡 あさひ

トーク③岡田二郎〜原爆の犠牲となった東京音楽学校管絃楽部員
岡田 二郎(1905~1945):《春》(P.バルシュ 詩/上田 敏 訳詩)
 テノール:中嶋 克彦/ピアノ:松岡 あさひ

岡田 二郎(1905~1945):《泉石》(北原 白秋 詩)
 ソプラノ:金持 亜実/バリトン:関口 直仁/ピアノ:松岡 あさひ


◆第2部 戦争が奪った音楽~学徒出陣で戦死した慶應義塾生
 報告:都倉 武之(慶應義塾福澤研究センター准教授)

河野 宗明(1922~1945):《秋草》(佐藤 春夫 詩)
 テノール:中嶋 克彦/ピアノ:松岡 あさひ

トーク④河野宗明〜特攻で戦死した慶應義塾のアマチュア作曲家

河野 宗明(1922~1945):
《花守の歌》(石川 啄木 詩)
《雉よ》(横瀬 夜雨 詩)
 バリトン:関口 直仁/ピアノ:松岡 あさひ


◆第3部 生きる支えとなった音楽~沖縄戦で殉職した音楽教師
 報告:冨士川 正美(演出家)

トーク⑤東風平惠位〜ひめゆり学徒隊と運命を共にした音楽教師
『消えた歌声 ひめゆりの別れ~歌と朗読による』(冨士川正美台本)

 女学生ヨシ:金持 亜実
 女学生テル:林 眞美
 女学生トミ:本多 都
 女学生ハル:河野 アンジェラ
 太田少尉:中嶋 克彦
 東風平先生:関口 直仁
 ピアノ・オルガン:松岡 あさひ

東風平 惠位(1922~1945):《別れの曲(うた)》(太田 博 詩/松岡 あさひ 編曲)


◆第4部 クロストーク「戦争の記憶を語り継ぐ~これからの課題」
ゲスト:
 海老名 香葉子(エッセイスト)
 佐藤 道信(東京藝術大学美術学部芸術学科教授)
 中村 光博(NHK社会番組部ディレクター)

報告:戸倉 武之、冨士川 正美
司会:橋本 久美子

質疑応答


録音:山田 香
録画:志野 文音、千葉 大雅
1.MC
2.第1部 音楽に込めた想い
3.MC
4.第2部 戦争が奪った音楽
5.MC
6.第3部 生きる支えとなった音楽〜「消えた歌声 ひめゆりの別れ」
7.第4部 クロストーク〜質疑応答