演奏会概要曲 目

演奏会名:藝大アーツ・スペシャル 2012 障がいとアーツ ~韓国から障がい者アーティストを迎えて~ 【第1日】

日  時:2012年 12月 1日(土)

主  催:東京藝術大学
企画・運営:東京藝術大学演奏藝術センター
助  成:芸術文化振興基金
協  賛:KAO・Canon
協  力:韓国文化体育観光部・筑波大学附属大塚特別支援学校・NPO法人あいアイ・
     (株)イワムラ紙工
後  援:Asia Society・駐日韓国大使館・韓国文化院・台東区・(財)日本ダウン症協会

14:00 ワークショップ1「障がい者から学ぶアート」
    (東京藝術大学第1ホール)

 講師:宮廻 正明(画家/東京藝術大学教授)
 ◆パフォーマンス「一人一画の書」:NPO法人あいアイ・書道班
 ◆ヴァイオリン演奏:山﨑 貴子(東京藝術大学非常勤講師)・学生有志


15:00 ミニ・コンサート & シンポジウム
    (東京藝術大学奏楽堂ホワイエ)

ミニ・コンサート1「障がいと音楽」
 演奏曲目
  A.テンプルトン 《クラリネット・ソナタ第2番》
  G.ガーシュウィン クラリネットとピアノのための《ポーギーとベス組曲》より
  うちの人は逝ってしまった
  サマー・タイム
  必ずしもそうじゃないぜ
  アンコール

 李 相宰(視覚障がいのクラリネット奏者/ナザレ大学教授・韓国)
 朴 惠榮(ピアニスト/韓国)

シンポジウム「障がいとアーツの未来」
 パネリスト:金 姫延 (作曲家/祥明大学教授・韓国)
       梁 淙勛(カメラマン/祥明大学教授・韓国)
       正木 隆(彫刻家/筑波大学附属大塚特別支援学校教諭)
       宮廻 正明 (画家/東京藝術大学教授)
 司 会  :松下 功(作曲家/東京藝術大学教授)

ミニ・コンサート2「タムティと遊ぼう」
 タムティ(Tamti) 障がい者のサムルノリ(伝統打楽器アンサンブル)/韓国