演奏会概要曲 目

演奏会名:中嶋 克彦 博士学位審査演奏会

日  時:2012年 2月 10日(金)

会  場:東京藝術大学奏楽堂


研究領域:声楽

専  攻:オペラ、テノール

博士論文題目:ロッシーニ・テノールの歌唱法についての一考察 ――歌劇《セビリヤの理髪師》のアリア〈もう逆らうのはやめろ〉を中心に――


指 揮     :佐藤宏充
演 出     :直井研二
ピアノ     :山口佳代
舞台監督    :賀川祐之
アルマヴィーヴァ伯爵:中嶋克彦
フィガロ    :渥美史生
バルトロ    :小迫良成
バジーリオ   :小野和彦
ロジーナ    :相田麻純
フィオレッロ  :杉浦隆大
ベルタ     :首藤玲奈
合唱(テノール):梅田純吾、高橋達也、松浦諒、宮脇臣
  (バス)  :大塚雅仁、志賀勇太、氷見健一郎、横山浩平
稽古ピアノ   :高木美来、田中健
1.G. ロッシーニ Gioacchino Rossini 1792-1868
《セビリアの理髪師 Il Barbiere di Siviglia》〔Highlights〕
Atto Primo 第一幕・No.1 Introduzione: Piano, pianissimo 「そぉっと、静かに」
2.・No.2 Cavatina: Ecco, ridente in cielo 「ほら、空はほほえみ」
3.・Seguito dell’introduzione: Ehi, Fiorello? 「おい、フィオレット?・・・」
4.・Recitativo: È desso, o pur m’inganno? 「あいつだ、いやそれとも人違い?」
5.・No.3 Canzone: Se il mio nome saper 「もし、貴女が私の名前を知りたければ」
6.・Recitativo:Oh cielo! 「ああ、どうしたことか!・・・」
7.・No.4 Duetto: All’idea di quell metallo 「その不思議な万能の金銭の姿を前に」
8.・No.5 Cavatina: Una voce poco fa 「今の歌声は」
9.・Recitativo: Ma bravi! Ma benone! 「二人とも大変な奴等だ! だがいいだろう・・・」
10.・No.7 Duetto: Dunque io son… 「それじゃ私なの・・・」
11.・No.9 Finale I: Fredda ed immobile 「無表情で動かず」
12.Atto Secondo 第二幕
・Recitativo: Ma forse, ahimè, Lindoro 「おそらく、ああ、リンドーロ様は」
13.・No.14 bis Aria: Ah se è ver 「ああ、もし本当なら」
14.・Recitativo: Alfine, eccoci qua 「ああ、やっと着いた」
15.・No.16 Terzetto: Ah! Qual colpo inaspettato! 「ああ、この思いも掛けぬ喜び!」
16.・No.17 Recitativo strumentato: Il Conte! Ah, che mai sento! 「伯爵!・・・何だって!・・・」
17.・No.18 Aria: Cessa di più resistere 「もう逆らうのをやめろ」
18.・No.19 Finaletto II: Di sì felice innesto 「こんなに幸せな想い出は」